EPAのすごいところ

EPA・DHAは私たちの体に欠かすことのできない成分です。

ではまずEPAの効果について詳しく見てみることにしましょう。

EPAで一番有名なのは動脈硬化の改善です。

動脈硬化とは血管が細くなったり詰まったりして血液が流れにくくなる症状ですが、この原因である血小板の凝集を防いでくれるのです。

特に心臓に近い、心疾患とつながる血管である冠状動脈で作用してくれるので、大きく死亡リスクを減らしてくれることがわかっています。

血液をサラサラにしてくれるとよく耳にしますが、特に中性脂肪を減少させる働きがあるそうで、高血圧や高脂血症などの予防にもつながります。

その他、花粉症やアレルギー症状の原因となる物質を抑制する働きもありますので、そういった症状の改善、緩和に役立つとも言われています。

このように代表的なものだけでも私たちの健康を担う成分であることがよくわかるでしょう。

命に直接関わるような病気も予防してくれるのですから、積極的に摂ることを心がけて健康を維持していきたいものですね。

EPAにはまだまだ私たちの体にとって役立つ働きがあります。

たとえば、近年痩せるホルモンというものが存在することがわかってきました。

EPAを摂取すると小腸が刺激され、このホルモンが分泌されやすくなるそうです。

ダイエットにも役立つということです。

また、生理痛を和らげる働きも持っています。

経血の排出に関わるプロスタグランジンという成分を抑制する働きがあるのです。

プロスタグランジンがたくさん発生してしまうと子宮の収縮が激しくなり痛みが増すことになりますので、それを抑えてくれるわけです。

他に肌荒れにも効果があります。

EPAはヒアルロン酸とともに肌の角質層をつなぐ働きをしています。

これが失われてばらばらになると肌荒れをおこしてしまうので、十分な量を保つことで肌を健康に保つことができます。

ダイエット、生理痛、肌荒れに効果があるなんて、女性にはとても頼もしい味方ですね。

また、近年ではがんの予防についても注目されており、研究が進められています。

EPAは私たちにとってとても嬉しい働きをしてくれていることが分かりましたか?

より充実した生活を送るのに、必要不可欠な成分なのです。