同じ種類?EPAとDHAの効果の違い

EPA・DHAはともに青魚に多く含まれる成分で、同じ脂肪酸の中のn-3系多価不飽和脂肪酸の一種です。

では、具体的にはどんな効果の違いがあるのでしょうか。

EPAは血液中の血小板の凝集を抑制することによって動脈硬化や心疾患を予防するのに役立ちます。

DHAもこうした効果を持ってはいますが、高い効果ではありません。

一方、EPAが通り抜けることのできない脳の入り口である脳血液関門をDHAは通り抜けることができますので、脳の神経に作用することができるのです。

こうした働きにより、軽度の認知症の症状を改善させるといった効果も期待できるといいます。

また、脳が急速に発達している最中の赤ちゃんの発達にも欠かせない成分だと言うことができます。

このように、EPAが身体的な機能に関わるのに対し、DHAは脳の神経細胞というどちらかといえば精神的な機能に関わる成分であると言えます。

二つの成分はどちらとも違った働きをしていますが、共に私たちにとって非常に役立つ成分であることがお分かりいただけたでしょうか。

二つの成分EPA・DHAはそれぞれ違った形で私たちの体の働きを良くしてくれるということがわかりました。

これらは近年非常に注目されており、厚生労働省からも一日に1g摂取するよう呼びかけられています。

健康を意識した方々の中には、普段の食事で摂りきれない分を補うためにサプリメントを利用している方もいらっしゃることでしょう。

EPAに関しては血小板の凝集を抑制するという非常に強力な効果が認められ、医療用医薬品として高脂血症や動脈硬化の治療に使われています。

DHAは現在脳の神経や認知症、精神的な面に対する研究がされている段階でまだ医療用医薬品としての利用は始まっていません。

こうした状況から、医師たちの間ではEPAの方が一般的なのだそうです。

私たち一般人としてはどちらかというとDHAの方がよく耳にしたことがあるような気がします。

EPA・DHAの効果の違いは分かりましたが、二つともしっかりと摂取したほうが良いのは確かです。

現在は二つの成分が両方とも含まれたサプリメントも販売されています。

まずは気軽に試してみてはいかがでしょう。