EPAとDHAは体に良いらしい!

みなさんはEPA・DHAをご存知でしょうか?

これらは人体にとって非常に重要なもので、必須脂肪酸の一種です。

脂肪酸とは「油脂」

の一種で、「油脂」

というとなんだか脂っぽくて体に悪いイメージを持つかもしれませんが、体調をととのえる働きを持つ非常に優秀な成分です。

脂肪酸の中にもいくつか枝分かれして種類がありますが、EPA・DHAはともにn-3系多価不飽和脂肪酸と呼ばれるもので、青魚などから多く摂取できます。

EPAの効果として有名なのが動脈硬化の予防です。

心筋梗塞や心疾患などの予防も期待できます。

DHAは脳の神経組織の機能維持や発育などに重要な成分で、記憶力の向上や認知症の改善にも効果があると言われています。

このように、二つの成分はは私たちの体にとって非常に大切なものです。

たとえば現在、魚介中心の生活から欧米風の肉類中心の生活に変わってきていることでEPAの摂取量が減少してきていると言われますが、それに伴って心疾患が増加していることが確認されています。

健康のためにも二つの成分を意識して摂取できると良いですね。

私たちの体にとって、EPA・DHAは非常に有用な成分です。

しかし調査の結果によれば、年代によって異なりますが全体としてこれら二つの成分の摂取量が不足がちであるということです。

これをうけて現在厚生労働省は、EPA・DHAを1日に1g摂取するよう呼びかけています。

少ない量に聞こえるかもしれませんが、これを豊富に含まれているとされる魚から摂取しようとするとかなり多くの量が必要になります。

また焼いたり揚げたり、調理法によってはその量も減少してしまいます。

毎日魚を食べるのは大変ですし、魚はお嫌いな方も少なからずいらっしゃいます。

口から摂取するのにはある程度限界がありますので、不足分を補うためにサプリメントを併用するのがお勧めです。

私はこちらのサプリメントを使用しています。

EPAとDHAのお勧めサプリメントを購入する

アメリカでは1日2gまでと摂取量の基準が設けられているそうです。

摂り過ぎも体によくありませんので、用量を守って飲むようにしてください。

必要量をキープして健康を目指しましょう。